ソフトバレーボールのトリムの動き方徹底解説!!!

ソフトバレーボールのトリムでの動き方に関して
私のチームは男女2人2人のトリムのチームです。
まず、男女2名2名のことをトリムと言います。

 

トリムのチームってすごく難しいですよね…
男女混合チームなのでフィジカル的な違いも大きいですし。
最初は試合に全く勝てませんでした。
そのせいで、トリムのチームはやめようかと思っても居ました。

 

そんな中、トリムの常勝の友達にあるコツを教えてもらったのです。

 

そのポイントをしっかり押さえることで、試合でも面白いくらいに得点することができました。
まずは、覚えて実践してみてください。
景色が変わってきますよ(笑)

 

ソフトバレーボールのトリムの動き方のポイントとは!!

 

まず少しルールの確認をします。
先ほども述べましたがトリムとは、男女が各2人いるチームのことです。

 

現状、トリムは男性がアタックメインになることが多く
女性は控えめなプレーをされていることが多いです。

 

もちろんこれはゴールデンスタンダードですが
女性こそアタックすべきだと思うのです。
ゴールデンスタンダードを否定するつもりはありませんが
女性が動くことで面白いくらい得点とれた実績もあります。
念頭に置くだけで攻撃の幅が広がります。

 

早いトスのスパイク

これは速攻を指しています。
男性のプレイヤーの強打を基本は警戒しています。
そんなときに女性プレイヤーが死角からのスパイクは最強です。

 

なぜ、早いトスである必要があるか

 

それはいきなりのアタックで不意を突くことが大切だからです。
高いトスだと、女性スパイカーが打つまでに時間がかかりブロックが間に合ってしまいます。
狙うはノーブロックの状態で慌てふためきのブロックなら怖くありません。

 

早いトスからのスパイクに強さはあまり必要ではありません。
不意を突いて点数をがっぽがっぽ取っていきましょう!!

 

実際これは使用してからは私のチームの女性スパイカーはどんどん点数を取っていきました。
また、女性に意識が行くので男性アタッカーにも不意を突きやすくなります。

 

結果として、全体的に点数が上がりました!!

 

ブロックアウトを狙う!!

これは女性スパイカーと男性スパイカーで行います。
女性スパイカーのスパイクに男性スパイカーはドシャットしにくいです。

 

というのは、高さの違いのため打点がかみ合わなく
男性は意識的にブロックを低めにしていきます。
調整したブロックは普段より緩みやすくなります。

 

結果として、そこを狙うことでワンタッチアウトを取りやすくなります。

 

狙うところは

  1. 指先

 

を狙うと効果的です。

 

これは結構相手チームは嫌がります。
ミスブロックの結果相手はあわあわしていきます。

 

すると、チャンスボール良く来ます。
そこで思いっきりのスパイクを打ち込むことで点を取れることが多いです。

 

実際、私のチームはそれを行ったおかげ
チャンスボールがじゃんじゃん来て、面白いように得点になりました。

 

最近では女性スパイカーの方が点数に絡んでいるのではないかと思うほどです(笑)

 

 

いかがでしょうか。

 

女性が輝くことでチームはさらに輝きます。
一緒に頑張って勝利を獲得していきましょう!!

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

実績のある指導者から学ぶことが最短ルートになる!!

なぜソフトバレーボールは上手にならないのか?
どうして指導しても成果が出ないのか?
人の倍練習しているのになぜ上達しない?


こんな悩みを持っている人は多いのです。
あなたはどうですか?


いろんな理由があると思いますがその中でもソフトバレーボールの専門が圧倒的に少ないのがかなりの比重を占めています。


あなたの周りを考えて下さい。
バレーボール経験者は多くても専門的にソフトバレーボールを勉強した指導者はいますか?


考えてみて下さい。
プロ野球選手がいきなりソフトボールで活躍できますか?
プロ野球選手が素人にソフトボールを指導して成果が出るでしょうか?


これは誰でも想像できると思います。


でも専門家の指導や練習方法を学ぶことでこれは打開できるのです。
そもそも日本にはソフトバレーボールの専門家や指導者が少ないのです。
なのでこれは仕方ないのです。


そんな中、日本ソフトバレーボール連盟副理事長が立ち上がりました。
その人は渡邉孝先生です。


  • サフィルバ北海道男子バレーボールチームの監督
  • カンボジア王国 男子バレーボールナショナルチーム代表監督
  • 東京アメリカンクラブ女子ジュニアバレーボールチーム 監督
  • FIVB 国際バレーボール連盟 公認コーチ
  • 公益財団法人日本スポーツ協会 公認コーチ
  • 公益財団法人 日本バレーボール協会  公認講師

数々の監督やコーチの経験を活かしてソフトバレーボールに見事に取り入れています。
これまでに30000人以上に指導しているので初心者から上級者そして指導者までもが満足できる内容になっています。
そしてその核となるのが「練習方法」なんです。


それは経験者ならではの効率的な練習方法になります。
ソフトバレーボールは小学生から社会人まで年齢を問わず親しまれています。
でも授業やクラブにも時間の壁が存在します。
そこに徹底的に短期間で習得できるメニューが存在すればどうですか?


それはあなたやチーム全体の実力アップに繋がるのです!!
また練習や授業に活気が出るでしょう!!


具体的なサーブ、スパイク、フェイントなどは動画で分かりやすく説明されています。興味のある方は一度ご覧になってみてはどうでしょうか?



身長が高い方がいいと思いませんか?

試合中や練習でもう少し身長が高かったらと思った経験はないですか?
私は試合に限らず日常生活から頻繁に思っています。


やっぱり身長が高い方がカッコイイしオシャレができますよね?


昔、身長は親の遺伝だと言われてきました。
確かに遺伝の影響は大きいですが100%ではないです。


東大出身の両親だらかといって、必ず東大に受かるとは限らないのと同じです。
やはり勉強は努力しないと学力はアップしません。


身長もこれと全く同じなんです。
両親が高くても睡眠、栄養などが不足していると高くなりません。


あなたは成長期が過ぎていると伸びないと思っていませんか?
確かに成長期の人の方が効果は高いのは事実。


もし成長期の人がこの方法を実践したら更に身長は伸びる可能性大。
また成長期に関係なく身長が伸びたらいいと思いませんか?


現在はいろんな研究が進んでいるので今までの固定概念は通用しません。


スポーツや勉強と違って身長は1度高くなると低くなることはないです。
しかも効果が全くない場合は慰謝料が受け取れる特典も付いています。


実際に体験談を読むだけでもワクワクしますよ。