必見!!ソフトバレーボールで使えるスパイクテクニック!


バレーボール種目をやるなら、鋭いスパイクで点を決めたいですよね。
ソフトバレーボールになっても同じように思うはずです。

 

しかし、スパイクが全然上手くいかない。
思った方向に飛んでくれなかったり、変な回転がかかってしまい、
弱々しいスパイクになってしまう。

 

そんな悩みを抱えた人は多いんじゃないかと思います。

 

スパイクを上手く決めるためには、ちょっとしたテクニックがあり
そのテクニックを意識することで大幅に改善が見込めます。

 

そんなスパイクテクニックについて紹介します。

 

スパイク時に腕をまっすぐ振るメリットとは・・・

 

スパイクの時に一番犯してしまいがちなミスは
腕をまっすぐに触れていないことです。

 

ソフトバレーボールは通常のバレーボールよりも大きいため、
ボールへのミートポイントが少しずれるだけで、
とんでもない方向に飛んで行ってしまいます。

 

ボールへのミートポイントがずれてしまう原因は
腕がまっすぐ振れていないことが考えられます。

 

腕がまっすぐ振れていないのは、腕の角度をずらしながら
ボールミートしているからです。

 

腕の角度をずらさずにまっすぐ振るためには、ボールに対して
正面から助走し、ボールをとらえなければなりません。

 

ボールの正面に入れば、腕の角度をずらして調整する必要がなくなり、
ボールミートする時に自然と腕がまっすぐ振れているはずです。

 

私も最初は、スパイクを打つコースに合わせて、腕の角度を調節してスパイクを
行っていましたが、全く思った方向に行きませんでした。

 

打つ方向に合わせてボールの正面に入り、
腕をまっすぐ振り抜くようにしてからは、
自分の思う方向に飛んでいきました。

 

また、腕を振り切っているので、ボールへのミートも上手くいき、
鋭いスパイクを打てるようになりました。

 

やっぱり、鋭いスパイクが相手のコート「パンッ」と突き刺さるのは
何度経験してもとても気持ちいい気分になれますよ。

 

スパイクのボールミートポイントを少しずらして変化させる!

 

ソフトバレーボールは通常のバレーボールよりも
大きく、やわらかいという点から、通常のバレーボールでは
考えられないスパイクを打つテクニックがあります。

 

カーブやシンカーといった野球で言われる変化球です。

 

これはスパイク時のミートポイントを少しずらし、
回転をかけてスパイクを打つテクニックです。

 

ここで、ミートポイントをずらすために、腕の角度を変えるのかなと
考える人もいるかもしれません。

 

しかし、前述したように、腕の角度を変えることは、
ずれが大きくなりすぎたり、毎回同じようなスパイクが打てなくなります。

 

なのでミートポイントをずらすために、助走時にボールの正面から
少しずらしてボールをとらえに行きます。

 

ボールの正面から少しずれることでボールミートへの腕の位置をずらす方法です。

 

あくまで腕はまっすぐ振り抜くことが大切なので、この方法で行います。

 

使い方としては、コートの右側のスパイクであれば、
ボールの右側を叩きレフト側へスパイク
コートの左側でのスパイクなら、ボールの左側を叩きライト側へスパイク
といった使い方になります。

 

この回転をかけるスパイクは、腕をまっすぐ触れていることが前提なので、
1つ目のテクニックが完璧にできるようになってからのステップになります。

 

この回転をかけた、カーブ・シンカーのスパイクが打てるようになると、
相手ブロックの脇を抜けるクロス側へのスパイクが打てます。

 

最初は難しいですが、相手の脇を抜けたスパイクが決まると
自分も少し驚きますが、それよりも相手ブロッカーが
「そこ通すのかよー」という顔をして、最高に気持ちいです。

実績のある指導者から学ぶことが最短ルートになる!!

なぜソフトバレーボールは上手にならないのか?
どうして指導しても成果が出ないのか?
人の倍練習しているのになぜ上達しない?


こんな悩みを持っている人は多いのです。
あなたはどうですか?


いろんな理由があると思いますがその中でもソフトバレーボールの専門が圧倒的に少ないのがかなりの比重を占めています。


あなたの周りを考えて下さい。
バレーボール経験者は多くても専門的にソフトバレーボールを勉強した指導者はいますか?


考えてみて下さい。
プロ野球選手がいきなりソフトボールで活躍できますか?
プロ野球選手が素人にソフトボールを指導して成果が出るでしょうか?


これは誰でも想像できると思います。


でも専門家の指導や練習方法を学ぶことでこれは打開できるのです。
そもそも日本にはソフトバレーボールの専門家や指導者が少ないのです。
なのでこれは仕方ないのです。


そんな中、日本ソフトバレーボール連盟副理事長が立ち上がりました。
その人は渡邉孝先生です。


  • サフィルバ北海道男子バレーボールチームの監督
  • カンボジア王国 男子バレーボールナショナルチーム代表監督
  • 東京アメリカンクラブ女子ジュニアバレーボールチーム 監督
  • FIVB 国際バレーボール連盟 公認コーチ
  • 公益財団法人日本スポーツ協会 公認コーチ
  • 公益財団法人 日本バレーボール協会  公認講師

数々の監督やコーチの経験を活かしてソフトバレーボールに見事に取り入れています。
これまでに30000人以上に指導しているので初心者から上級者そして指導者までもが満足できる内容になっています。
そしてその核となるのが「練習方法」なんです。


それは経験者ならではの効率的な練習方法になります。
ソフトバレーボールは小学生から社会人まで年齢を問わず親しまれています。
でも授業やクラブにも時間の壁が存在します。
そこに徹底的に短期間で習得できるメニューが存在すればどうですか?


それはあなたやチーム全体の実力アップに繋がるのです!!
また練習や授業に活気が出るでしょう!!


具体的なサーブ、スパイク、フェイントなどは動画で分かりやすく説明されています。興味のある方は一度ご覧になってみてはどうでしょうか?



身長が高い方がいいと思いませんか?

試合中や練習でもう少し身長が高かったらと思った経験はないですか?
私は試合に限らず日常生活から思います。


やっぱり身長が高い方がカッコイイしオシャレができます!


昔、身長は親の遺伝だと言われてきました。
確かに遺伝の影響は大きいですが100%ではないです。


東大出身の両親だらかといって必ず東大に受かるとは限らないのと同じです。
やはり勉強は努力しないと学力はアップしません。


身長もこれと全く同じなんです。
両親が高くでも睡眠、栄養などが不足していると高くなりません。


でも成長期が過ぎていると伸びないと思っていませんか?
確かに成長期の方が効果は高いです。


もし成長期の人がこの方法を実践したら更に身長は伸びると思います。


しかし成長期に関係なく身長が伸びたらいいと思いませんか?
現在はいろんな研究が進んでいるので今までの固定概念は通用しません。


スポーツや勉強と違って身長は1度高くなると低くなることはないです。
しかも効果が全くない場合は慰謝料が受け取れる特典も付いています。


実際に体験談を読むだけでもワクワクしますよ。





必見!いろんなスポーツ観戦を楽しみたい人には超オススメ

スポーツ好きには寝る時間も与えてくれないチャンネルを知っていますか?
世界最高峰のいろんなスポーツをライブ&オンデマンドで楽しめます。


実際に観るとあれもこれもでマジで時間が足りません。
でも実際に登録って抵抗ありますよね?


そんな人はお試しから始めると失敗しないと思います。