超簡単!ソフトバレーのジャンプサーブを手に入れる3つのコツ!


あなたはソフトバレーライフを楽しんでますでしょうか!?
今回はジャンプサーブができるようになりたい方向けの記事になります。
ジャンプサーブってなかなか取り掛かりにくいスキルだと思っていませんか?

 

私も正直最近まであまり触れてこようとしませんでした。
でもよくよく考えるとそれってすごくもったいなくないですか?
ジャンプサーブを取得できれば得点が入る形がグンとアップします。

 

ここではジャンプサーブ挑戦者にありがちな3つのポイントを軸に紹介します。
ジャンプサーブを取得してチームのエースの階段を登りませんか?
それでは一緒に見ていきましょう!

 

ジャンプサーブではトスを安定させよ!

 

ジャンプサーブでトスをあげる際どのような意識でやっていますでしょうか。
ズバリ一番大切でかつおろそかになりがちなのは「回転」です。

 

手首のスナップを効かせて前方向に回転をかけます。
この回転がしっかりかかってないといくら打点が一定していても
安定性は生まれませんし力強いボールはいきません。

 

ジャンプサーブの特徴は何と言っても相手レシーブを崩せる威力があること。
また意外にも回転と打点の一致というのはすごく密接な関係があるのです。

 

ちなみに私がやっていた練習法はとにかくあげるだけの練習をしました。

 

10回やって10回同じ回転をかけられたら打つというのを繰り返していました。
これによってジャンプサーブにおいて大事なタイミングが見違えるほど安定しました。

 

ジャンプサーブの助走は2歩or3歩??

 

これよく耳にしたことございませんか?
私実はあまりおすすめしていなく、、、私もこれを意識していたのですがあまりうまく行かず、、、
読者のなかでも2歩or3歩を意識するあまりタイミングが合わないといった経験あったかと思われます。

 

そこで私がおすすめするのは「距離を決める」です。

 

練習で色々な助走の距離を試し一番打点が一致した距離を覚えておきます。

 

歩数と距離の違いですが歩数の場合どうしても頭のなかで数えるという作業が発生してしまい
それに気をとられるあまりタイミングが一致しないということがおきます。

 

距離を決めることによって余計なことを考えず、強い球を打つこと意識を集中させることができます。

 

ジャンプサーブを打つ瞬間は腹筋に力を!

 

 打つ瞬間に腹筋に力を入れていますか?

 

多分意識している方は少ないかと思います。
なぜならジャンプサーブの成功はタイミングの良し悪しの比重が高いからです。

 

とは言え、うまくできているはずなのにネットにかかってしまうという方が多いと思います。
それは体幹がブレ、空中で身体のバランスが崩れてしまっているのが原因です。

 

これを意識するだけで安定性、力強さ両方兼ねそなえる事ができます。
意識すると共に体幹トレーニングをはじめてもいいと思います。

 

私はこれにより球に力強さが出て成功するだけでなく相手レシーブを崩すことができ
「得点を入れるためのサーブ」を手に入れることができました。

 

参考になりましたか?

 

ジャンプサーブほど得点が入るほど大きなプレーはございません!
トス、助走、腹筋の3点を意識しソフトバレーを楽しんでください!

実績のある指導者から学ぶことが最短ルートになる!!

なぜソフトバレーボールは上手にならないのか?
どうして指導しても成果が出ないのか?
人の倍練習しているのになぜ上達しない?


こんな悩みを持っている人は多いのです。
あなたはどうですか?


いろんな理由があると思いますがその中でもソフトバレーボールの専門が圧倒的に少ないのがかなりの比重を占めています。


あなたの周りを考えて下さい。
バレーボール経験者は多くても専門的にソフトバレーボールを勉強した指導者はいますか?


考えてみて下さい。
プロ野球選手がいきなりソフトボールで活躍できますか?
プロ野球選手が素人にソフトボールを指導して成果が出るでしょうか?


これは誰でも想像できると思います。


でも専門家の指導や練習方法を学ぶことでこれは打開できるのです。
そもそも日本にはソフトバレーボールの専門家や指導者が少ないのです。
なのでこれは仕方ないのです。


そんな中、日本ソフトバレーボール連盟副理事長が立ち上がりました。
その人は渡邉孝先生です。


  • サフィルバ北海道男子バレーボールチームの監督
  • カンボジア王国 男子バレーボールナショナルチーム代表監督
  • 東京アメリカンクラブ女子ジュニアバレーボールチーム 監督
  • FIVB 国際バレーボール連盟 公認コーチ
  • 公益財団法人日本スポーツ協会 公認コーチ
  • 公益財団法人 日本バレーボール協会  公認講師

数々の監督やコーチの経験を活かしてソフトバレーボールに見事に取り入れています。
これまでに30000人以上に指導しているので初心者から上級者そして指導者までもが満足できる内容になっています。
そしてその核となるのが「練習方法」なんです。


それは経験者ならではの効率的な練習方法になります。
ソフトバレーボールは小学生から社会人まで年齢を問わず親しまれています。
でも授業やクラブにも時間の壁が存在します。
そこに徹底的に短期間で習得できるメニューが存在すればどうですか?


それはあなたやチーム全体の実力アップに繋がるのです!!
また練習や授業に活気が出るでしょう!!


具体的なサーブ、スパイク、フェイントなどは動画で分かりやすく説明されています。興味のある方は一度ご覧になってみてはどうでしょうか?



身長が高い方がいいと思いませんか?

試合中や練習でもう少し身長が高かったらと思った経験はないですか?
私は試合に限らず日常生活から思います。


やっぱり身長が高い方がカッコイイしオシャレができます!


昔、身長は親の遺伝だと言われてきました。
確かに遺伝の影響は大きいですが100%ではないです。


東大出身の両親だらかといって必ず東大に受かるとは限らないのと同じです。
やはり勉強は努力しないと学力はアップしません。


身長もこれと全く同じなんです。
両親が高くでも睡眠、栄養などが不足していると高くなりません。


でも成長期が過ぎていると伸びないと思っていませんか?
確かに成長期の方が効果は高いです。


もし成長期の人がこの方法を実践したら更に身長は伸びると思います。


しかし成長期に関係なく身長が伸びたらいいと思いませんか?
現在はいろんな研究が進んでいるので今までの固定概念は通用しません。


スポーツや勉強と違って身長は1度高くなると低くなることはないです。
しかも効果が全くない場合は慰謝料が受け取れる特典も付いています。


実際に体験談を読むだけでもワクワクしますよ。





必見!いろんなスポーツ観戦を楽しみたい人には超オススメ

スポーツ好きには寝る時間も与えてくれないチャンネルを知っていますか?
世界最高峰のいろんなスポーツをライブ&オンデマンドで楽しめます。


実際に観るとあれもこれもでマジで時間が足りません。
でも実際に登録って抵抗ありますよね?


そんな人はお試しから始めると失敗しないと思います。