何が反則!?ソフトバレーボールのアウトオブポジションのルール


あなたは「アウトオブポジション」というルールをご存じですか?

 

このルールは、ソフトバレーボールだけでなく
通常のバレーボールにおいても存在するルールです。

 

このルールを犯してしまうと反則になります。
基本的なルールになるので、テレビで見るプロの試合などでは
あまり起こらないので知らない方も多いと思います。

 

ソフトバレーボールにおいても起こるのはそこまでありませんが
少しややこしい部分があります。

 

その点についても触れながら「アウトオブポジション」について説明します。

 

アウトオブポジションってなに!?

 

そもそもアウトオブポジションとは、サーブが打たれた瞬間にそれぞれのコート内の選手が
決まったポジションにいないといけないというルールです。

 

ソフトバレーボールは4人の選手で行われ、それぞれのポジションがあります。

 

コートを4分割した時の前後と左右で分けており、前衛のライト・レフト、後衛のライト・レフトの4つのポジションです。

 

ポジションの位置は名前の通りで、前衛は前側に、後衛は後ろ側に、ライトは右側に、レフトは左側に位置しなければなりません。

 

サーブが打たれた時点で、上記のポジションの位置にいないといけないのです。

 

なので、ライトとレフトの選手の位置が左右逆だったり
前衛と後衛の選手の位置が前後逆だったりすると反則になってしまいます。

 

サーブが打たれた後は、自コート内であればどのように動いても
大丈夫でフリーポジションになります。

 

前衛の選手が後ろに下がったり、後衛の選手がネット際まで
移動しても問題ありません。

 

実際に私のチームでは、長身の選手がサーブを打つときや
レシーブ時に後衛にいるときは、サーブが終わった瞬間にネット際まで移動し
スパイクやブロックの準備をしています。

 

通常のバレーボールでは、このようなフリーポジションではないので
長身の選手を徹底的に活かす戦略になったりと、ソフトバレーボールの
醍醐味ともいえます。

 

アウトオブポジションのややこしい部分!

 

上述したアウトオブポジションのルールでほとんど説明は終わりなのですが
一つだけややこしい点があります。

 

ソフトバレーボールのサーブレシーブでは、よくダイヤモンドの形をした
フォーメーションでのレシーブを行っているときがあります。

 

その時に、後衛のレフトの選手が前衛のライトの選手よりも前に出ている場合があります。

 

これは先ほど述べた、後衛の選手が前衛の選手よりも前に位置しているので
反則じゃないか?と思いますよね。

 

実は反則ではないんです。

 

ここが少しややこしい点で、前衛の選手が後衛の選手よりも
前に出てはいけないのは同じサイド側の時です。

 

ライトならライト側の前衛と後衛の位置関係、レフトならレフト側の前衛と後衛の位置関係になります。

 

アウトオブポジションでは隣り合う選手たちの位置関係に対するルールであり
対角となる選手間での前後の位置関係は全く関係ないのです。

 

ポジションは前衛のライト・レフト、後衛のライト・レフトの
4つに分かれていますが、
コートにつく位置は、隣り合う選手との位置関係によって決まります。

 

アウトオブポジションのルールに反しないポジションであれば
反則を取られることはありません。

 

ここで大事になるのは、チーム内で共有しておくことです。

 

チームでの戦略としてどのようにレシーブするのか
どのように攻撃するのかで選手にポジションが変わってきます。

 

それぞれの戦略に適したポジションを考え
反則にならないポジションを共有することで
反則による失点をなくすことができます。

 

私もチーム内で「このポジションならアウトオブポジションになるよね」と
確認することで、ルールに対する理解を深めるとともに
チーム内での戦略への理解を深めることができました。

 

ポジションの理解が深まれば相手チームのポジションを見るだけで
何を狙っているのかなどを予測でき、よりレベルの高いプレイが
できるようになりますよ。

実績のある指導者から学ぶことが最短ルートになる!!

なぜソフトバレーボールは上手にならないのか?
どうして指導しても成果が出ないのか?
人の倍練習しているのになぜ上達しない?


こんな悩みを持っている人は多いのです。
あなたはどうですか?


いろんな理由があると思いますがその中でもソフトバレーボールの専門が圧倒的に少ないのがかなりの比重を占めています。


あなたの周りを考えて下さい。
バレーボール経験者は多くても専門的にソフトバレーボールを勉強した指導者はいますか?


考えてみて下さい。
プロ野球選手がいきなりソフトボールで活躍できますか?
プロ野球選手が素人にソフトボールを指導して成果が出るでしょうか?


これは誰でも想像できると思います。


でも専門家の指導や練習方法を学ぶことでこれは打開できるのです。
そもそも日本にはソフトバレーボールの専門家や指導者が少ないのです。
なのでこれは仕方ないのです。


そんな中、日本ソフトバレーボール連盟副理事長が立ち上がりました。
その人は渡邉孝先生です。


  • サフィルバ北海道男子バレーボールチームの監督
  • カンボジア王国 男子バレーボールナショナルチーム代表監督
  • 東京アメリカンクラブ女子ジュニアバレーボールチーム 監督
  • FIVB 国際バレーボール連盟 公認コーチ
  • 公益財団法人日本スポーツ協会 公認コーチ
  • 公益財団法人 日本バレーボール協会  公認講師

数々の監督やコーチの経験を活かしてソフトバレーボールに見事に取り入れています。
これまでに30000人以上に指導しているので初心者から上級者そして指導者までもが満足できる内容になっています。
そしてその核となるのが「練習方法」なんです。


それは経験者ならではの効率的な練習方法になります。
ソフトバレーボールは小学生から社会人まで年齢を問わず親しまれています。
でも授業やクラブにも時間の壁が存在します。
そこに徹底的に短期間で習得できるメニューが存在すればどうですか?


それはあなたやチーム全体の実力アップに繋がるのです!!
また練習や授業に活気が出るでしょう!!


具体的なサーブ、スパイク、フェイントなどは動画で分かりやすく説明されています。興味のある方は一度ご覧になってみてはどうでしょうか?



身長が高い方がいいと思いませんか?

試合中や練習でもう少し身長が高かったらと思った経験はないですか?
私は試合に限らず日常生活から思います。


やっぱり身長が高い方がカッコイイしオシャレができます!


昔、身長は親の遺伝だと言われてきました。
確かに遺伝の影響は大きいですが100%ではないです。


東大出身の両親だらかといって必ず東大に受かるとは限らないのと同じです。
やはり勉強は努力しないと学力はアップしません。


身長もこれと全く同じなんです。
両親が高くでも睡眠、栄養などが不足していると高くなりません。


でも成長期が過ぎていると伸びないと思っていませんか?
確かに成長期の方が効果は高いです。


もし成長期の人がこの方法を実践したら更に身長は伸びると思います。


しかし成長期に関係なく身長が伸びたらいいと思いませんか?
現在はいろんな研究が進んでいるので今までの固定概念は通用しません。


スポーツや勉強と違って身長は1度高くなると低くなることはないです。
しかも効果が全くない場合は慰謝料が受け取れる特典も付いています。


実際に体験談を読むだけでもワクワクしますよ。





必見!いろんなスポーツ観戦を楽しみたい人には超オススメ

スポーツ好きには寝る時間も与えてくれないチャンネルを知っていますか?
世界最高峰のいろんなスポーツをライブ&オンデマンドで楽しめます。


実際に観るとあれもこれもでマジで時間が足りません。
でも実際に登録って抵抗ありますよね?


そんな人はお試しから始めると失敗しないと思います。